• 介護サービスにかかる請求ソフトとは

    老人ホームやグループホームなど、高齢化社会が進むにつれ、介護サービスを提供する様々な事業所が増えていきます。

    こうした事業所に共通した課題が、非現業部門の人件費の高騰です。
    どんな企業においても、非現業部門のコストが大きくなると、経営を圧迫しますが、介護事業は非常に人材依存度の高い業種ですから、いかに人件費を抑えるかが大切になります。


    そもそも、非現業部門の人件費が高騰してしまうのは、その経理の仕組みにあると言われています。

    介護の事務ソフトをご紹介します。

    介護サービスに対する料金は、その内容やレベルによって異なります。

    さらに、保険の適用範囲と自費の切り分けなど、請求までの手続きが非常に複雑である上、請求書の送付先が家族本人など、高齢者の事情により異なるので、一般の病院事務などより労力を要するのです。こういった課題を解消する為にリリースされているのが、介護サービスにかかる請求ソフトです。


    高齢者の氏名や保険の内容等の基礎データを入力しておくことでデータベースが構築されますので、ここに提供したサービス内容を入力することで簡単に請求書が作成されます。


    また、請求ソフト上で入金管理も行いますので、個々に入金確認を行う手間も省けますので、経理事務は格段にシンプルになり、人件費の抑制に大きな力となってくれます。

    T-SITEについて解説いたします。

    一部では、介護事業は、経営戦略が希薄だと言われてきましたが、さらなる高齢化社会を控え、請求ソフトをはじめとしたシステム化が着実に進んでいるのです。